事業・サービス紹介

実績紹介

実績画像

東武グループのコンストラクターとして様々な領域の開発や設計プロジェクトに数多く参加しております。

一覧はこちら

移動通信

携帯電話のネットワーク構築をサポートしています。

移動通信

移動通信事業本部は、携帯電話事業者のインフラ整備のパートナー企業として、無線基地局の開発から建設までを一貫してサポートし、関東エリアを中心に信頼と実績を築いてまいりました。
開発・設計・施工の専門スタッフが構成され、永年培ったノウハウを活かし移動体基地局建設を担当して、事業者の安定した通信サービス提供のお手伝いをしております。
また「登録検査等事業者」として総務大臣の認定を受け、稼働後の基地局保守業務を担当して、エリア設計、システム調整試験及びオプティマイズ保守まで、通信事業者様を対象に通信インフラの建設・維持発展をサポートし、トータルサービスを提供する通信エンジニアリング企業を目指しています。

基地局(屋外局)

基地局(屋外局)

地上に高さ20m~40mの鉄塔を建設し、その上部にアンテナを設置する「鉄塔局」とマンションやオフィスビル等の屋上にアンテナを設置する「建物局」の2種類があります。
鉄塔局は、近隣に高い建物がない地域や、郊外に建てられ広い範囲のエリアをカバーし、建物局は様々な設置条件や環境に合わせることで通信エリアの拡大に努めています。

基地局(屋内局)

基地局(屋内局)

大規模建物等不特定多数の人々が従来する建物内部(インクス)及び地下鉄駅構内等に無線基地局を設置しております。屋内でも快適な通信環境を実現するため、通信サービス提供会社と協力して、整備を進めています。

基地局(車載型)

基地局(車載型)

地震等の災害発生によって地上無線基地局設備が損傷し、機能を失った場合や大型イベント等回線の混雑緩和を図る必要が求められた場合に、車載型移動無線車にて臨時基地局を設営し、通信手段の確保を行います。

運用・保守

運用・保守

栃木県、千葉県、茨城県の3県の基地局とそれに付帯する各種ネットワーク機器に関して定期点検や障害対応、機器対策と現地調査および自然災害時の緊急出動、基地局修理と復旧作業などを、専門技術を要するパートナー企業と協力体制のもと、インフラ設備を適切な状態に保持しています。

無線局登録検査

「登録検査等事業者制度」に基づき、総務大臣の選定を受けた「登録検査等事業者」です。

無線局登録検査

登録検査等事業者情報

登録した年月日および登録の番号 平成27年3月12日 関検第0036号
検査または点検を行うことができる無線設備などに係わる無線機の種別 固定局/基地局/陸上移動中継局/携帯基地局/陸上移動局/携帯局
東武鉄道株式会社
ページの先頭へ戻る