CSR活動

実績紹介

実績画像

東武グループのコンストラクターとして様々な領域の開発や設計プロジェクトに数多く参加しております。

一覧はこちら

次世代育成支援対策について

当社では「次世代育成支援対策推進法」に基づく「一般事業主行動計画」を策定しています。

当社では、従業員が仕事と子育てを両立させることができ、従業員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての従業員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように、「次世代育成支援対策推進法」に基づく「一般事業主行動計画」を策定しています。

1.計画期間

平成27年4月1日から平成30年3月31日までの3年間

2.内容

目標1

育児休業を取得しやすい環境にするため、育児休業等に関する規程の改定を行ない、育児休業の取得状況を次の水準以上にする。

男性従業員・・・期間内に1人以上取得すること。
女性従業員・・・育児休業の取得促進を促す。(目標100%)

対策

平成27年4月~ 育児休業にかんする社内規則の見直し
育児休業期間中の賃金を現行より15%アップする改定を目指す。
平成27年4月~ 男性従業員の育児休業を取得促進を図るため、育児休業制度を理解を深める対策の検討

目標2

子供の学校行事、地域の行事、看護等で休みやすくする為に、特別休暇に関する規程の改定を行う。

対策

平成27年4月~ 特別休暇にかんする社内規則の見直し
子供の学校行事、地域の行事、看護等で利用する特別休暇を有給とする。

目標3

年次有給休暇の当年度付与日数に対する取得率を一人当たり年間平均50%以上とし、取得促進のため年次有給休暇の計画的付与を行う。

対策

平成27年4月~ 取得率向上を図るため、半年毎に年次有給休暇の取得状況を確認し、各部門へ年次有給休暇の取得支援を行う。
平成27年4月~ 計画的付与制度の導入に必要となる労使協定の締結など運用にむけて検討し実施する。

目標4

引き続き、夏休み期間中に、従業員の子どもを対象とした職場見学会の実施および、インターンシップ等の前向きな受け入れを検討する。

対策

毎年6月頃 関連部門との検討により職場見学実施場所を選定する。
毎年7月~ 職場見学会の実施計画等を作成し、参加者の希望を募る。
東武鉄道株式会社
ページの先頭へ戻る