CSR活動

実績紹介

実績画像

東武グループのコンストラクターとして様々な領域の開発や設計プロジェクトに数多く参加しております。

一覧はこちら

マンメイドソイル(流動化処理土)

建設発生土 + 水 + セメント = 流動化処理土

マンメイドソル

都市化の進展と建設工事の増加に伴い、地下掘削工事が増加しています。これに伴ない、良質な埋戻し材が必要になります。流動化処理工法とは従来にない概念の工法で、建設現場から出た「建設残土」に「水」、「セメント」(及び固化材)を現場のニーズに合わせ配合設計をし、現場に納入いたします。その為、原料を100%リサイクルした商品です。流動性のある画期的な資源循環型の埋戻し材、それがマンメイドソイル(流動化処理土)です。

転圧機械による締固めが難しい狭隘な箇所への埋戻し、裏込め、水中盛土など、従来の締固め施工が困難な場所や立坑の埋戻し等で利用され、現在では様々な使用用途で利用されています。

流れる

流体の埋設土だから
工事監理が容易

埋まる

地下埋設物の切回・保全に
気を使わず、不等沈下を防止

掘れる

任意の強度に調節可能

特徴

経済性
  • 流し込み作業(転圧作業不要)のため、埋め戻しのトータルコストが低減します。(ポンプ圧送の場合はポンプオペのみで作業可能)
  • 埋め戻し工のワーカビリティーが向上し、工期が短縮できます。
  • 埋設物の受け防護代替となり、仮設費が低減します。
  • 埋戻し後の仮復旧が不要になり、工期が短縮できます。
汎用性
  • 強度を任意に調整でき(0.2~18N/mm2)、埋戻し箇所の用途に合わせ配合できます。
  • 流動性に富み、狭隘な場所にも打設でき(バイブレーター不要)、一定のセルフレベルを保ちます(流動勾配3%程度)
  • 止水性に優れており、地中連続壁への転用も可能です。
  • コンクリートポンプ車による圧送が可能です。(先行モルタル不要)
資源循環性
  • 建設発生土の有効利用ができます。
  • 資源循環性-グリーン購入法、特定調達品目。

用途例

用途例1

各種パイプライン等の埋設管周囲の埋戻し(受け防護を必要としません)

用途例2

擁壁・橋台等の構造物の裏込め

用途例3

山留め壁及び地山との構造物の隙間埋め戻し

用途例4

シートパイル、残置杭引き抜き後の充填

マンメイドソイル(流動化処理土)のお問い合わせについては

東武栃木生コン(株) tel:028-661-1231までお電話ください。

東武鉄道株式会社
ページの先頭へ戻る